読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとなにいってるかわかんないっす

機械系メーカー勤務。基本気になったことなんでも書いていきます。最近は経済がわかれば、全てがわかるのではないかと目論み、情報収集中

熱中

子供のころは一つに集中できた。

今、「Civilization6」攻略界隈で起こっていることが物凄い: 不倒城

 

それは集中できるっていう環境と、先のことは気にしなくてよい安心感で生み出されていたと思う。

 

人は甘えというが、親や大人への安心感があってこそ、そういう時間が作れていた。

 

社会人になってから思うのは、安心感が全くない。

集中できるタイミングが一ミリも見つからず、常に疲れを感じる。

達成感なんて一瞬で過ぎ去り、次への不安しか出てこない。

 

生きるという意味では必要ないのが何かに熱中することだと思う。

 

ただ、人間的、文化的に生きるためには何かに熱中できる余裕があるほうが、

今後の社会に大きな利益をもたらすのではないのだろうか?