読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとなにいってるかわかんないっす

機械系メーカー勤務。基本気になったことなんでも書いていきます。最近は経済がわかれば、全てがわかるのではないかと目論み、情報収集中

ドまじめ、正直に、徒然なるままに書こう。

http://1.bp.blogspot.com/-nQychRK9Sy8/VkxLofuCUNI/AAAAAAAA0ok/CKof6EV7aU0/s800/family_kyouiku_kahogo.png

 

先日、兄貴、親から電話やらラインやらが入っていた。

父親が欠陥が細ってきて、カテーテルする。

母親が腎臓にピンポン玉の影がある。

 

等の遠回しにもうそろそろ親はヤバいよ?アピールだ。

 

大学生時代+α実家に帰っていた私が、

一年以上帰ってないことが異常らしく、年末前を狙っての連絡だった。

 

正直にいうと、とても気持ちが悪い。

 

親子の情があるだろ、とか、親孝行?は今のうちにしかできない。

など批判的に思われるかもしれない。

 

だが、もう一度言う。気持ち悪い。

 

情に訴えるこの手法がとても卑怯だと感じてしまう。

 

昔から私に好きにしてよいと言い、外ずらだけよくしておきながら、

実際好きにすると批判修正してきたやつらだ。

 

実家はど田舎で、かつ若い人も都会に憧れつつも老害の言いなりになり、

地域での安定におさまり実家で暮らすことが多い地域だ。

 

周りには面倒見てくれる子供、心配してくれる子供もいるので、

単にうらやましいのではないか。

 

そんな風に勘ぐってしまう。

私の好きなこと、したくないことの意見を無視し、
自分たちのコミュニティの維持を優先し、好きなようにしてきたやつらに

従ってしまう自分が情けない。

 

いままで、親の望むままの姿を少しづつ曲解し生きてきた。

親:普通科高校にいき、地元の国立大学にいき、地元安定職(公務員)につきなさい

私:工業系高校に行き、早く機械系の現実を知り、大学か、就職かを選択したい

 

結果:普通科高校に行くが、大学は県外の工業系大学に進学。

   機械系の現実を知ったときは大学院生だった。
   軌道修正できず、安定した大企業に就職。
   現在疑問を持ちながら、やりがいを感じない仕事を行っている。

 

普通科高校の三年は人生の無駄遣いだった。何も得るものがなかったと胸を張って言える。あれだったら、専門系に進み、自分の得手不得手を理解する時間にあてたかった。

 

と過去のことを愚痴っても仕方ない。

今後の親との付き合い方を年末に清算するために、つらつら書いてきた。

 

長男が役割を行うのか不明だが、今後の家族の役割を明確にし、

このもやもやした洗脳状態を脱したい。

 

漠然と、親が死んでから、今の親を安心させるための姿を取っ払い

自由になれると思っていたが、案外しぶとい。

 

父親、兄貴と人生の転換期だった年齢になったこともあり、

今年を節目として決着をつけてくる。

 

まだ二十代後半だけど、サラダでワインを飲むのが好きになってきた

ほろ酔いアマチュア独身男子でした。